ウチニワ・ノイエ

札幌市東部の準工業地域に建つ住宅。1階は鉄筋コンクリート造による大きめのガレージと趣味のスペース、2・3階が居住スペースになっている。クライアントは周辺に対して閉鎖的な、しかし外部との関わりを持てる住宅を希望していた。この相反する要望を満たすため我々は複数の囲われた小さな庭を各階に用意した。フロストガラスを透過した淡い日差しや直射日光は複雑に混じりあいながら2・3階を繋ぐ1本の樹を照らす。居室はすべてこれらの庭に面しており、樹木の色づきと光の変化が、住まう場所に季節や時間を告げることになる。

撮影:酒井広司  Photo: Koji Sakai