Oresen house

オレセン・ノイエ

 札幌市の郊外、緑が残る市街化調整区域に面した緩やかな傾斜地に建つローコスト住宅。 敷地の傾斜に沿って4つのレベルを持つ床を設け、室内に地形をつくり出す。この段差は、地上部分のコンクリート量を減らし、予算を抑えることに貢献すると同時に、ほとんど内部建具の無いこの家においては緩やかにスペースを分節するという役割も担う。


 この1階床のレベル差に横架材が素直に反応して、2階床にも段差が生じる。屋根・天井も、積雪や落雪方向を考慮した4つの面で構成され、壁はそれぞれの床レベルに求められた機能とその面積の差を折線グラフのように繋いでゆく。こうして出来た折線の壁・屋根そして床の段差が、樹木の位置、通風、プライバシーなどを考慮した大小様々な開口から取り込まれた光の断片を、捉え、引き伸ばし、複写して、単純なプランの中に複雑な表情をつくり出す。


 つまりこうした開口や折線の壁は、家族あるいは外部環境に呼応しながら、室内に様々な居場所をつくる「きっかけ」として機能する。

撮影:酒井広司  koji sakai